日本人てほとんどの人が中学・高校と合わせて6年は英語を勉強していますよね。なのになんでほとんどの人が喋れないんでしょう。反対に、外国に行くと日本語が上手に喋れる外国人が多くてびっくりします。

学生の頃、アジアからの留学生で完全に日本人かと思うほど受け答えが流暢な人がいました。あまりに自然に相槌を打ち、返って来る言葉も的確なので最初は外国人だと気付かなかったほど。彼にどうやってその語学力を身につけたのかと聞くと、「1日中日本のテレビ番組ばかり見てた」と言うんです。それだけで覚えられる?って思いましたよ。でも、確かに生の日本語を聞けますよね。

それにテレビだから、録画しておけば好きなときに勉強できる。別に、学校に通わなくても可能ってことですね。たとえば文法の勉強なら、いくらでも参考書や教材はある。でも生の英語を聞いて慣れない限り、生身の人間を相手に会話するのは難しいですよね。その点、英語学習サイトは、テレビと同じ利点がありますね。

私もネットで英語のニュースを聴いたり、ドラマを見たりして勉強しました。いつでもネットで繋がっているからいくらでも隙間時間に利用できるんです。何度も何度も繰り返しドラマを見て、相当単語量を増やせましたよ。ただ、難点が一つだけあります。視聴するだけなので一方通行だということ。その点、オンライン英会話だとこの部分をばっちりカバーしてくれますね。生の英語を聞けて、即座に反応を返せる。これからは、おそらくオンライン英会話での勉強が主流でしょうね。

(Visited 33 times, 1 visits today)