私はやり直し英語(英会話)を20年近くやっています。

週に1回・1時間の英会話レッスンを継続しつつ、家では「NHK実践ビジネス英語」をメインに数種類のラジオ講座を録音して聴いています。予算の関係で購入するテキストは「実践ビジネス英語」だけですが…。

最近は「ラジオ番組を予約録音できるラジオ」が色々出てきているので、便利ですね。ひと昔前は自分がラジオの放送時間に合せるかCDを購入していましたから。

ちなみに現在私が使用しているラジオは「IF brand」です。インターネットで購入し値段は税込で5,306円でした。

たくさんのレッスンをうけている中で「英語に関する驚き」を感じる時あります。今回は「私が意外に思ってメモしておいた英語」を少し書いてみようと思います。アメリカ人の先生が教えて下さった内容なので、間違っていないと信じていますが。

万が一のために for a rany day

これは「お金に関する万が一」について使うとの事でした。

危険の時に備えて just in case は、お金にも使えると言っていました。

fateは「暗い運命」

destenyは「明るい運命」

refract 屈折する・屈折度を測る

reflect を反射する・反響する

astouned びっくり仰天させるは「嬉しい驚き」に使う

startle をびっくりさせる は「悪い驚き」に使う

motivation 刺激・意欲・理由・動機づけ は「良い事」に使う。

moutive 動機・誘因は「悪い事」に使う。

thanks to you あなたのお陰で は「あなたのせいで」にも使える。

Because of you も「あなたのお陰で」「あなたのせいで」両方使えるそうです。

イントネーションで皮肉的になるそうです。

陸ガメは tortoise

海亀は turtle

掘り下げて勉強すると面白いですね。

英語の学習を、気長にコツコツと続けようと思っています。

(Visited 44 times, 1 visits today)