中学校で初めて英語を習いました。以来、英語から完全に離れたのは、大学卒業後の1年半くらいだけですね、振り返ると。

大学では細々と英語の単位をとっていました。卒業して1年目は環境の変化が激しく、おまけに外回りの仕事だったので、英語なんて全く思い出す暇がありませんでした。社会人2年目でデスクワークに移りました。しばらくしてだんだんと英語を続けたいという気持ちが沸き起こってきました。

そこで、週2回の大手英会話教室に通うことにしました。大人数のクラスで、しっかりしたカリキュラムがありました。


2校目の英会話学校が失敗選択でした。料金は非常に高いのですが、少人数制で、自由予約、先生は全員ネイティブということで選びました。

が!ネイティブならいいってもんじゃないですね。自由に予約が入れられるのですが、同じ教科書を使っていれば同じクラスになります。だから、始めたばかりでも、もう一冊ほぼ終わっていても、同じクラス。しかも、先生は授業の準備ナシのぶっつけ本番。あれはお金の無駄だった。

英会話学校への不信感をもってしまい、その後はNHKの番組やら、通信講座やらを渡り歩きました。

1か月だけイギリス語学留学も果たしました!あれは本当に良い経験だったけど、いかんせん1か月は短すぎます。本当に「体験」でおわってしまいました。せめて半年、いや3か月でも違ったろうになあ。本当に残念です。

帰国後、英会話の講師の試験をうけたらなぜか受かりました。直後に、英検準1級にも受かりました。でも話すのも聞くのも相変わらず苦手。やっぱりもう少しイギリスにいたかったな。

(Visited 26 times, 1 visits today)