私は大学4年間でTOEIC300から700まで400点近く点数を伸ばすことができました。実際にどんな勉強をしたかというと、桐原書店が出しているTOEIC対策専用のDSソフトを使用しました。とにかく私は続けて勉強するということが苦手で、1回参考書を解いてしまったら次を買ってしまうし、単語帳を買っても何度も見返すことをしないので1回さらっと読んで終わりにしてしまうということがありました。高校の時によく英文法本の問題を解いていたのですが、問題の順番をだんだん覚えてきてしまって、この問題は確か答えはDだった気がする、とかこのページはBばっかり続くはずだとか全く英語に関係のない方法で答えを解いていってしまっていました。

そこでたまたまDSを知人からもらったので、TOEICソフトを購入してみました。おもに使っていたのは、大学の通学とアルバイトの休憩中でした。なによりよかったのが、今までの問題を覚えてしまって答えを導いてしまうということがなくなったこと。なんとなく覚えてしまうこともあるのですが、ランダムに出題されるため、あまり順番や答えを記憶せず、答えを解いていくことができました。

毎問毎問答えを入力するたびに「ピローン」「ブッブー」と丸付けをしてくれるため、1問1答で嫌になることなく問題を解いていくことができました。また、今までは何度も解くことのよさが全くわかっていませんでしたが、何度も解き何度も解説を見ることで、なぜこれがだめなのか、この単語はどんな意味なのかとかがわかるようになり、何度も同じことをやる大切さを知ることができました。問題数も多かったので飽きることなくできました。勉強しているという感覚がない中勉強ができたというのも長く続いた原因の一つだと思います。

(Visited 62 times, 1 visits today)